こんばんは。

6月後半,職場のあるひとから「おめー,障がい者だっぺ。」と言われました。

 

怒りは全然ありません。

エクセルの「合計,平均等」もわからないひとから,あれこれ云う筋合いはないと思います。

健常の時は「ローマ字打ち」。

障害になって,言語障害のため「ひらがな打ち」になりました。

リハビリセンター,情報の時間や復職して,パソコン教室にも通い

ワード,エクセルの教材で,再練習しました。

エクセル,だめだというひとが複数いることは「想定外」です。

 

わからなければ,勉強等してください。

暑いですね

水分補給してください。

 

内閣府の「障害を理由のする差別の解消の推進に関す法律」全文も六法全書を買いました。六法全書にも「障害者差別基本法」があることを確認してのことです。高校は理系でしたがいろいろあって,最初から「政治関係」を志しました。1600円位です。某役所最初の部署,「文書法制係」。午前3時を過ぎても「法令の審査が終わらず,休憩」。夕飯,無でした。二日目に,終わりました。当時,条例等が進んている他市を参考等にしているこうです。障害になっても,気持ちは変わりません。明日かも「挨拶」以外は「エクセル,雑用等」に徹します。

嫌なら~

嫌なら辞めてよろしいですよというどこかの声が聞こえてきますが,

復職前後,ワード,エクセルは必須と思っていました。

県警本部の方も,車いすですが通所で情報に通っていました。

今は言葉になりません。

 

ひとりでなんとかやってる感じ。

某役所末端機関。「おめー,障がい者だっべ。」という奴。ドン補佐の相棒らしい。

明日から,口を聞きません。今日から若干口を聞きましたがもういいです。
前職場、常駐だけでした。本庁から専門職等がひとり派遣させました。前の職場のほうがよかったです。
バリアフリー皆無」。肩たたきでもエクセルはできます。おふたり,エクセルできません。
それでもここはよろしいと思っているようです。

7月になりました。

リハビリセンター元課長から頂いたメールです。

「仕事のほうがどうでしょう。私もそうですが,同じ障害を持つ身,不快なこと,思いとおりにいかないことが多々ありますが,多少のことは給料をわ頂いて家族を養うとことと割り切る面もあります。」と言いました。

 当時,パソコン担当の職員さんと「ある時から,障害をもつ身,~」とメールに書かれていました。

 6月27日,職場に行ったら,いきなり「おめー,障がい者だろう。」と,「珍客集団」の元一員でもある職場のあるひとから言われました。

 これ以降,口を聞きません。

エクセル,わからないひとです。

 

予算整理簿も「伝票番号」もエクセルで記録しています。

「会計からの指摘で代えたな。」とわかります。

私も元会計担当課にいました。

当時は,ワープロ主体でした。

 

「トップ」は

「紙ベース」の庶務担当者のほうがいいようです。

上に言ってもだめなようです。

いろいろありますが、「元課長等のメール」を頼りにしていきます。

失礼しました。

 

6月も終わり

復職前後,当時の人事課長等がリハビリセンターに来ていただきました。

最初,私も面談に行きましたががほとんどは県リハビリ職員、3

~4人と人事課長等で話したようです。

 5回異動。

今日「お前,障がい者だろう。」と言われました

何をいまさらと思っていますが,

これまで「二日目に「ひっくり返されたこと。」。

某課長が先頭に立って,「中途障がい者は「外の施設」だ。」というひともいました。」

 近所や,お店でもそうですが,「障がい者専用スペース」に健常者ど車を止めることは,多々あります。

 「お前,障がい者だろう。」というひと,エクセル,わかりません。

2000年問題担当課の時,エクセルで家まで帰って,仕事をしました。

当時,係,私と上司だけでした。

 県リハビリ,情報。

パソコン教室にも通いました。

 ひとりだけの中途脳疾患障がい者

威張るつもりはありません。

「パソコン,できない。」は,「なめんなよ。」

 

以上です。

言語障害のため誤字等はご容赦ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

」」

こんばんは。

入庁した最初の先輩が、「役所のいうところは,「文書にはいって文書に終わる。」」と言われたことはあります。

 

障がい者になって,復職。

先輩の教えは,忘れたことはありません。

今は,「畑違いの部署」ですが,いろいろとありますが,自分なりにやっています。